AOBA-JINJA

記事一覧(61)

11月23日(木)新嘗祭 打ち蕎麦450食を無料振る舞い

宮城手打ち蕎麦研究会の方々が、当社の新嘗祭に兼ねて蕎麦打ちの奉納と振る舞いを実施します。限定450食目的 仙台市秋保地区の野尻集落は伊達政宗公が、最上藩との国境に警備の為に、足軽を配置した場所であり、古くから蕎麦を栽培し現在に繋がっています。その秋保産の新蕎麦を青葉神社に祀られている政宗公に奉納し、会員の技術向上、そして仙台の蕎麦の文化の益々の発展を祈願する。また政宗公生誕450年を記念し、奉納の儀の後、先着450食を参拝者に無料で振る舞いを実施し共に祝います。日時平成29年11月23日(木)10時~13時30分 ※詳細後日掲載場所青葉神社主催宮城手打ちそば研究会後援仙台市(秋保総合支所)協力仙台秋保そば生産組合野尻いぐする会(野尻町内会)そばネット宮城内容青葉神社拝殿前にそば打ち台を設置準備、出来上がった蕎麦を拝殿内に奉納及び新嘗祭の神事を斎行。その後、直ちに打ったそばを450食限定で、一般の参拝者に無料で提供(もりそば)する。お時間ある方はお越しください。新嘗祭とはしんじょうさい,にいなめのまつりなどとも言います。その年の稲や作物の収穫を祝い,翌年の五穀豊穣を祈願する古くからの祭儀となっています。天皇陛下が新穀を天の神,地の神にお供えをし,その恩恵を頂き,また,自らも食する。神事は宮中のほか,全国神社仏閣で斎行されています。この日を現在は「勤労感謝の日」として国民の祝日となっています。なお,天皇の即位後に初めて行う新嘗祭を大嘗祭と言います。