毎月24日は、「政宗公の日」

本日は、月次祭(つきなみさい)を午前7時よりご奉仕させて頂きました。 

「月次祭」とは、毎月繰り返し行なわれる祭礼のことで、国の隆昌と氏子崇敬者様、地域の方々の弥栄をご祈念する神事です。 

 全国の神社さんでも、其々日にちを定め、斎行されています。 また当社では、政宗公の月命日ということも含めて祭典奉仕をさせて頂いており、毎月24日は「政宗公の日」と言われています。


 ※一般的な「命日」とは、故人が亡くなった月日を指し、別名「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼ばれています。 一方、「月命日」は故人が亡くなった日のみを指す命日です。

 命日は1年に1度だけですが、月命日は命日のある月を除いた毎月、つまり1年に11回訪れます。

 政宗公が亡くなられた日が5月24日ですので、祥月命日は毎年5月24日、月命日は5月24日を除く毎月24日という事になります。

 宮城県内には、伊達家や政宗公ゆかりの神社仏閣、その他施設が沢山ございます。 

命日、月命日に色々足を運ばれていかがでしょうか?

青葉神社公式サイト 御祭神 武振彦命(伊達政宗公)

政宗公の魂(こころ)の座する聖地