厄年(役年)の本来の意味とは…

厄年(役年)ですが、神様より御役を頂戴する。

それが本来の厄年(役年)の意味と言われています。

 現に、厄年(役年)の方々が神社の境内清掃、神輿担ぎ等、様々な行事に積極的に奉仕されている地域もあります。


 役年を迎えるという事は、地域社会において一定の地位となることを意味し、神事に多く関わるようになります。  


このため心身を清浄に保ち、言動を慎む物忌(ものいみ)に服する必要があったわけです。  


厄年の「厄」は、神様にお仕えする神役の「役」であるといわれるのも、こうした理由によるものです。


 現在では、災難が多く生じる面が強調され、その禁忌の感覚が強くなりましたが、七五三や成人式、年祝ひなどとともに、人生における通過儀礼として、大切に考えられていることには変わりありません。

青葉神社公式サイト 御祭神 武振彦命(伊達政宗公)

政宗公の魂(こころ)の座する聖地