祖霊社 由緒看板

新しくした祖霊社の看板の内容ですが、拡大した写真を掲載します。

政宗公は、生前この北山の地に足を運ばれて、隣の東昌寺、覚範寺の僧侶と和歌を楽しんですごされたと記されています。

また、当青葉神社境内にある祖霊社の池もそのうちの一つで、当時は心の池と呼ばれており、政宗公の心の拠り所として、大切にされておられました。

(資料によると幾千年の間、一度も枯れた事がない溜池と記されています)

江戸時代は、漚麻ヶ池と呼ばれ、麻を栽培していたと言われています。


看板の文章は、宮城県立図書館蔵書 昭和15年9月 仙臺郷士研究第10巻第9号 青葉神社特集号より編纂し、作成しています。


上段の文章↓

下段の文章↓


祖霊社の池↓

#青葉神社#祖霊社#伊達政宗公#仙台神社#神道

青葉神社公式サイト 御祭神 武振彦命(伊達政宗公)

政宗公の魂(こころ)の座する聖地