立秋

旧暦七月申月の正節で、新暦では八月七日頃あと言われています。

暦の上では秋になります。

立秋の翌日からの暑さを残暑といい、手紙や時候のあいさつなどで用いられ、季節のあいさつも暑中見舞いから残暑見舞いに替わります。
また、立秋を過ぎる頃はまだまだ残暑が厳しく、体感的には夏の感じが濃厚ですが、日一日と深まる朝晩の涼しさや空の高さに秋の気配が感じられるようになると言われてます。

青葉神社公式サイト 御祭神 武振彦命(伊達政宗公)

政宗公の魂(こころ)の座する聖地