青葉神社
御祭神 武振彦命(伊達政宗公)

  1. HOME
  2. FAQ

FAQ

お守りを複数持っていると神様同士がケンカする?

結論を申し上げると、複数持っているからという理由で
ケンカすることはないです

ただし、以下のことに注意しなければお守りの意味がないと
言われています。

□お守りは常に身のそばに持ち歩く
□お守りに対して感謝の気持ちもつ
□常に新しいお守りにする
□お守りはお土産・記念品でないです。

玉串拝礼の作法

正式参拝やご祈祷など昇殿のお参りの際は、玉串を捧げて拝礼します。これを玉串奉奠といいます。玉串とは、榊などの常縁の小枝に白い紙を切った紙垂を付けたものです。作法は、次の通りです。

(1)神職から手渡された玉串を、右手で根元を上から持ち、左手で榊の中程を下から支え、胸の高さに持ちます。

(2)神前に置かれた案(机)の前に進み、一礼をして玉串を立て、左手を下げて右手にそろえ、玉串に祈りをこめます。

(3)右手で玉串の中央を下から支え根元を時計回りに神前に向けお供えします。
この後、二礼二柏手一礼の作法でお客りします。

 

お参りの作法

A お参りの作法は「二拝二拍手一拝」です。2回深く礼をし、柏手を2回打ち、最後に1回深く礼をします。これに加えて、拝礼を行う前後には軽く一礼するとより丁寧になります。お賽銭やお供えをする、鈴を鳴らすという所作も含めたお参りの流れを下に示します。
 ①軽く一礼
 ②お賽銭・お供え
 ③鈴を鳴らす
 ④二拝
 ⑤二拍手
 ⑥一拝
 ⑦軽く一礼

手水の作法は?

A お参りの前に手水舎で口をすすぎ、手を洗いましょう。水によって心身を清らかにします。基本の作法は以下のようなものです。
①右手で柄杓を持ち、左手を清めます。
②左手に柄杓を持ち替え、右手を清めます。
③右手でもう一度柄杓を持ち、左手で水を受け、口をすすぎます。
④もう一度左手を清めます。
⑤柄杓を立て、柄に水を流して清め、柄杓を元の位置に戻します。